禁煙1日目~3日目の感想

喫煙者にとって、この1日目~3日目が一番辛いのではないでしょうか。本当に辛かったです・・・私は3年間禁煙していたのですが、出張中に一人きりになる機会があってコンビニでショートホープを1箱購入してホテルの部屋でこっそりと1本火をつけたことをきっかけにチェーンスモーカーになり、半年後には喫煙者となってしまいました。

それから、早くも6年の月日が経過しました。

タバコが体に良くないということは3年間に非喫煙者生活を知っているので、百も承知な訳です。しかし、ニコチン中毒者はなんだかんだと言い訳を繰り返しながら喫煙を繰り返してしまいます。

喫煙者がタバコから離れられない理由は、麻薬中毒者と一緒だと思っております。習慣化した喫煙はそう簡単には止められません。

しかし、禁煙を決意したのです!

禁煙1日目

とにかくイライラしました。イライラを鎮めるために夜8時には布団に入って寝ました。しかし、眠れないのです。眠くならないのです。辛いです・・・・・

禁煙2日目

昨日よりはイライラした感じはなくなったのですが、とにかくタバコを吸いたくてたまりませんでした。新聞を読んでいてもタバコの事が気になり・・・ごはんを食べ終えると一服が懐かしくなり・・・ちょっと考え事をするとタバコの事を考えたり・・・

禁煙3日目

いやー、なんとか耐え忍んできました。実は、前に禁煙した経験を活かして禁煙開始日を木曜日の昼過ぎにスタートしました。この3日目がとにかく辛いということを知っいましたので、仕事に支障が無いように日曜日にピークを迎えられるように調整していたのです。

案の定いろんな意味でピークでした。

私の場合は、吸いたいという感情だけでなく、とにかく怒りっぽくなります。そして、実際になりました。朝から妻に話しかけられるだけで、ムカムカして「ちょっと手伝って」と家事手伝いを催促されただけで、無性にタバコが吸いたくなり、子供がTVチャンネルを黙って変えただけでムカムカと腹が立ってくるというほど短気になります。

とにかく家族に迷惑をかけたくなかったので(実際には迷惑をかけてしまっていますが)家の中の私の座椅子を蹴り上げてストレス解消をしました。ほんといつもの感情を保てない程冷静さを失い、危ない人間にさえ思えてきます。

これが、ニコチン中毒患者の一番怖い部分です。

幸い、妻も以前は喫煙者(もう10年以上非喫煙者)で、禁煙初期の辛さを理解してくれているので、私のイライラを鎮めるように「今がピークだから頑張って」とか「もう少しの辛抱だよ」と励ましてくれました。

自分の座椅子を蹴り上げる行為というのは決して良い事ではありませんが、妻は驚かずに励ましの言葉をかけてくれましたので、辛抱することが出来ました。

この3日間は地獄のような苦しみでしたが、なんとか凌ぐことが出来ました。

ニコチン依存症の人が禁煙にチャレンジすると以下のような症状になると言います。

  • とてもタバコが吸いたい
  • 落ち着かない
  • 気分が落ち込む
  • 食欲が増す
  • イライラ・欲求不満・怒りのいずれかを感じる
  • 寝つきが悪い
  • 不安を感じる
  • 眠っても途中で目が覚める
  • 集中できない
正直、私は全部当てはまっていましたので地獄の苦しみのようでした。でも、以前の禁煙した経験があるので、この3日間を凌げば大丈夫だという確信がありましたので、なんとか耐え凌ぐことが出来ました。

おはようございます。

今日から完全禁煙です!吸いたい・衰退・衰弱 ほんと仕事に対してやる気が起きません。実はもう仕事場です。デスクに座ると異常な程の倦怠感と思考停止状態にニコチンのパワーと恐ろしさを味わっております。

そもそもお国がタバコを販売していなければ私のような民は苦しまずに生きていけたのにと思う今日この頃な訳ですが、とにかくタバコをやめたいと思うようになってからようやく禁煙外来に先日行ってきました。

診察の内容は、用紙の記入→禁煙の説明(2分)→処方箋をもらう(会計)トコトコ歩いて病院前の薬局で薬を受け取る。という手順です。

一応高血圧の薬を飲んでいるから薬局の方に副作用等はありませんか?と尋ねると・・・驚きの答えでした。「かかりつけの薬局に訪ねて下さい」との事、とんでもない薬局でした。

でも、こんなことで腹を立てていたら禁煙なんて無理なので、次回からこの薬局は利用しないと心に決め今に至っております。

本当ならば本日までタバコを吸えるのですが、昨日タバコが無くなったので今日から完全禁煙のスタートです。百害あって一利無しと言われているタバコやめてみせます!